ユーロスター
ユーロスター

ロンドン~パリ/ブリュッセル間を結ぶ国際高速列車

1994年11月14日に登場したユーロスター。同年に開通した英仏海峡トンネルを使用し、ロンドン~パリ/ブリュッセル、アムステルダム間を運行しています。
最高時速は300Km/h、ロンドンからパリまでは約2時間15分、またブリュッセルまでは約1時間50分です。
最新機材も導入され、より洗練された快適な旅行が楽しめます。
旅行者の利用が多いこのユーロスターはヨーロッパの列車の旅の入門編としてもお勧めです。
ご乗車前にセキュリティチェックとパスポートコントロールが必要でございます。早めのお手続きをされますようお願い致します。


車両設備およびサービス

■1等/ビジネスプレミア スタンダードプレミア

※ビジネスプレミアとスタンダードプレミアの2タイプがあります。
スタンダードプレミア
  • 出発30分前までのチェックインとなります。
  • 車内は広々としており、ゆったりとした心地よいシートは2列+1列の並びです。
  • 車内での新聞、雑誌のサービスがあります。
  • 全てのお座席にテーブルをご用意し、食事と飲み物を召し上がれます。
  • - 時間帯により、メニューが異なります。

    ビジネスプレミア
  • 優先チェックイン利用可能。出発10分前までのチェックイン。
    (他のクラスでは出発30分前までのチェックインとなります)
  • 専用の「チケットデスク」と「チェックインデスク」があります。
  • ご出発前にユーロスタ-ラウンジでご予約いただければ、タクシーのサービスをご用意しています。
  • ユーロスターの専用ビジネスプレミアラウンジをご利用可能。
    ラウンジでは、快適なシートと共に、新聞、軽食、PC 電源、携帯電話をご使用いただけます。
    また、PCをご利用する方は、構内公衆無線LAN「WiFi」にてインターネットアクセス可能です。
  • 全てのお座席にテーブルをご用意し、食事と飲み物を召し上がれます。
  • 座席には、PC用の電源をご用意しています。
  • 駅専用窓口にて利用便の変更が可能です。
  • ■2等/スタンダード

  • 出発30分前までのチェックイン(改札通過)が必要です。手続きは大変混み合うことも多く出発1時間前には列にお並びください。
  • 十分にゆとりのある座席は、オープンサロン形式のリクライニングシートで、2列+2列の並びです。
  • お食事のサービスはありませんが、バー車両をご利用いただけます。
  • 主要路線
    運行路線
    ロンドン~パリ  約2時間15分
    ロンドン~ブリュッセル  約2時間
    ロンドン~リール  約1時間30分

    オンライン予約をする

    料金体系
    料金プラン 内  容
    レジャー料金 キャンセル不可、手数料は必要ですが変更が可能
    子供料金 乗車日に4歳以上12歳未満の場合に適用。
    ただし、4歳未満で座席を使用せず両親と同じ座席を利用する場合は無料。
    *なお、12歳未満のお子様のみでのご乗車は不可(18歳以上の同行者による随行が必要)。
    ユース料金 乗車日時点で12歳以上26歳未満の場合に適用。
    また、18歳未満の方のみでご乗車する場合、パスポート及び保護者の同意書を職員に提示し、署名を得る必要があります。
    *ノーマル料金に対し、お席の数が少なくなっております。
    パスホルダー料金 有効なユーレイルグローバルパスをお持ちの方に適用
    *パス利用日のカウントが必要
    *45分前までの乗車手続きが必要
    「パスホルダー料金」が適用されるパス
  • ユーレイルグローバルパス
  • *利用時にパスが有効である必要があります。利用日としてカウントされます。
    *2等のパスで1等のパスホルダー料金を利用することはできません。

    キャンセルおよび払戻条件
    料金プラン キャンセルおよび払戻条件
    ビジネスプレミア

    駅専用窓口にて予約変更が可能。変更手数料はかかりません。
    日本での変更及びキャンセルは、手数料がかかります。

    また、列車の出発日から2カ月以内であれば、「不乗証明(注)」のスタンプを現地の駅職員から受けた場合に限り、払戻しの対象となります。

    レジャー お申し込み後の予約便の変更は手数料が必要、払い戻しはできません。
    パスホルダー料金 払い戻し不可

    (注)不乗証明について:
    ご利用にならなったチケットに、現地窓口にて使用しなかった証明のスタンプを押してもらうこと。
    このスタンプが無いと出発日を過ぎたチケットの払戻はできません。ストライキなど、明らかに先方に問題がある場合でも同様です。

    乗車に当たってのご注意
    乗車にはパスポートが必要です。出入国手続きが行われますので、必要書類をご準備ください。